「またフラれた…」失恋したときに振り返りたい“自分に足りなかった5つの要素”


【恋愛コラム/モデルプレス】付き合っている彼から振られてしまった時、人生でかなり辛い時期ですよね。けれど、そのような時は自分の足りなかったところを見つめ直して、改善するチャンスです。今回は多くの女性が失恋した時に振り返りたい“自分に足りなかった5つの要素”を紹介します。

「またフラれた…」失恋したときに振り返りたい“自分に足りなかった5つの要素”(Photo by Aarrttuurr/Fotolia)
「またフラれた…」失恋したときに振り返りたい“自分に足りなかった5つの要素”(Photo by Aarrttuurr/Fotolia)

家事が苦手

女性の魅力は家事だけにあるわけではありませんが、やはり家事ができる女性に魅力を感じる男性は少なくありません。

そのため、最初のうちは、家事がちょっとくらい苦手でも大目に見てくれる彼でも、家事に対する意欲が変わらない、あるいは低下している姿を見て、将来を考えられなくなるというケースは珍しくありません。

本当に家事が不得意である場合もありますが、そうでないなら、もうちょっと頑張ってみてもいいかもしれませんね。

空気が読めない

彼と、もしくは彼を含めた数人の会話などで、思わずはしゃぎすぎたり、場を壊してしまうような言動をしたりしていると、彼から愛想を尽かされることがあります。

俗に言う、空気が読めないタイプの女性は、周囲の人のことよりも、自分本位の言動をしてしまいがちです。

けれど、そのような空気が読めないタイプの人でも、ちょっとした訓練と意識を変えることができます。

ぜひ、今後の課題として、取り組んでみましょう。

何気ない会話にこそ本心が隠れているもの(Photo by pressmaster/Fotolia)
何気ない会話にこそ本心が隠れているもの(Photo by pressmaster/Fotolia)

彼の状況を思いやれなかった

付き合っている時、つい自分本意の考え方や、彼が自分の欲求を満たしてくれて当然、という態度をとってしまうものですよね。

そのような態度は、彼に余裕がある時には、優しく対応してくれることもありますが、彼が忙しい時には、負担となってしまいます。

付き合っているからこそ、彼の状況を思いやる気持ちが大切だと気がついたら、次の恋では新しい彼に甘えすぎないようにしたいですね。

彼の意見を尊重できなかった

付き合っていると、彼を一番の理解者と考えてしまうものですよね。

そのため、彼の意見よりも、自分の意見を通すことばかりをしてしまいがちになります。

けれど、いつも彼の意見を尊重しないでいると、彼は自分を蔑ろにされていると感じて、寂しい気持ちになるものです。

付き合っている男女は対等の関係ですが、だからこそ、彼の意見を尊重する気持ちや姿勢が大切にしたいですね。

彼の家族とうまく付き合えなかった

別れるきかっけは当人同士だけの問題とは限りません。

彼の家族と上手に付き合えなかったということも別れの原因になることがあります。

2人で気軽な付き合いを楽しんでいる時には、お互いの家族のことを気にすることはありませんが、将来のことを意識する時には、家族との関係が良好であることも大切なポイントです。

人間なので、相性もありますが、それでも、最低限のマナーと誠意を尽くして接することが大切なんです。

彼の好きなものや人を同じように好きになれるよう努力しよう(Photo by javiindy/Fotolia)
彼の好きなものや人を同じように好きになれるよう努力しよう(Photo by javiindy/Fotolia)

いかがでしたか?

付き合っている時に一方的に甘えている、負担をかけていると、どんなに最初は好き合っている同士でも、やがて心が離れてしまうものです。

とはいえ、一つの恋が終わったことに、悲観して恋に向いていないと嘆くことはありません。

失敗した恋を教訓にして、ぜひ、次の恋に生かしてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

LovePress が自動参照したサイトはこちら です。

著作権はリンク先の方々にございます。

By | 2018-02-02T01:12:19+00:00 2月 2nd, 2018|出会い, 告白, 失恋, 恋愛, 結婚|0 Comments

Leave A Comment

CAPTCHA