恋愛は『好き』って感情だけでは始まらない現実

恋愛が上手くいく為には、まず恋愛の本質を理解している必要があります。

その本質を分かりやすくするために、今回は恋愛を車の運転に例えてみました。

恋愛をする上で今の自分に必要なものは何なのかを理解することが問題解決の糸口になるかもしれません。

車体=自分の外見

車の運転の基本はやはり車体です。

車体の状態が良ければどんな道であっても良い運転ができます。

逆に車体の状態が悪い場合、手入れをしてあげることが必要です。

恋愛もこれと同じで外見が良ければたくさんの男性から自分の望む男性を選択することができるでしょう。

自分の外見が良いと思わない場合は手入れをして磨く努力をしましょう。

車体や外見は手入れ次第で大きく変化させることができます。

また車体や外見は年月を重ねることで衰えてきます。

婚活に年齢が大きく影響してくるのも、そう考えると頷けるでしょう。

年齢を重ねるごとに、外見の手入れは重要になってきます。

運転手=自分の内面

運転手に運転についての知識がどれくらいあるのか、という事は非常に重要です。

運転手が運転の仕方やルールを学ばずに公道に出てしまえば大きな事故を起こしてしまうでしょう。

まずは運転に関する知識を身につけた上で、教習所などで運転に慣れて免許を取り、初めて公道を走ることができます。

恋愛もこれと同じことが言えます。

恋愛に関して無知のまま経験を積もうとすると失敗してしまうでしょう。

経験を積む前に、まずは恋愛の基本的な知識やルールについて学ぶ必要があります。

恋愛がよく理解できないという人は、恋愛指南書などを読み、男性心理などをしっかりと学ぶことをおすすめします。

恋愛知識をしっかりと身につけた上で男友達との交流などで練習をしながら、出会いの場に少しずつ出ていくと良いでしょう。

どんなに良い車体を運転していても、運転手が悪ければ良い運転はできないのと同じで、恋愛においても良い外見だけではなく内面も非常に重要なのです。

道路=男性

恋愛でいうと男性は運転をする際の道路のようなものです。

道路の種類は様々で、山道もあればちゃんと整備された道もあるでしょう。

雪道や砂利道など、車体の装備が整っていなければ運転しにくい道路もあれば、高速道路のようにある程度スピードを出さなければいけない道路もあります。

行きたい道を選択する際に、自分の乗る車の車体の状態や自分の運転技術のレベルがその道路に合うのか、事前にチェックしなければいけません。

恋愛でいうと、自分が好きになる男性に対して、自分の外見や内面が相応しいか否かを冷静に判断しなければならないという事です。

相応しくない場合、外見や内面を磨いて変えていくか、または恋愛対象を変更する必要があります。

道路の状態に合うタイヤを装備したほうが断然運転し易いのと同様に、自分が付き合いたい男性が好むファッションに変えるなどの努力も恋愛を円滑にするでしょう。

天候=環境

運転する際の天候と恋愛する環境は非常によく似ています。

いくら車体の状態が良く、運転手の運転技術も優れ、走りやすい道であったとしても、土砂降りの雨の中や台風のような天候の中で安全に運転をすることは困難です。

その様な天候では運転することを控える必要があるでしょう。

恋愛においても恋愛をする環境はとても重要で、どんなにあなたと彼が惹かれ合う条件であったとしても、環境がそれを許さない場合があります。

分かりやすい例としてあの有名な「ロミオとジュリエット」を考えてみましょう。

ロミオとジュリエットはお互いに惹かれ合い、環境以外の条件はすべて揃っていました。

しかし二人を取り巻く環境である両家同士の争いは二人が幸せに生きていくことを妨げてしまい、結果二人は亡くなってしまいました。

このように良い恋愛ができそうな男女であっても、その二人を取り巻く環境が結果を大きく変えてしまうこともあるのです。

おわりに

恋愛とは本人の「好き」という感情だけで始まるものかと思われがちですが、実はそうでもないのです。

上に述べた通り、恋愛には常に様々な要素が絡んでいます。

様々な要素が二人の関係にどのような影響を与えるのか、冷静に分析し判断した上で、一つ一つのことを改善していくことが良い恋愛をする秘訣と言えるでしょう。

(杉子/愛カツライター)

LovePress が自動参照したサイトはこちら です。

著作権はリンク先の方々にございます。

By | 2018-02-01T15:45:48+00:00 2月 1st, 2018|出会い, 告白, 失恋, 恋愛, 結婚|0 Comments

Leave A Comment

CAPTCHA