俺持つよ!男性から愛される“奢られ女子”が持っているモテ力5つ


【恋愛コラム/モデルプレス】「男性から奢られるのが当たり前」と思っている女性は敬遠されてしまいがち。しかし中には「また奢りたい」と思わせるのが上手な“奢られ女子”が存在します。一体、どんな行動が奢らせたいと思わせるのでしょうか。今回は、男性から愛される“奢られ女子”が持っているモテ力をご紹介します。

俺持つよ!男性から愛される“奢られ女子”が持っているモテ力5つ (photo-by-Igor-Mojzes/Fotolia)
俺持つよ!男性から愛される“奢られ女子”が持っているモテ力5つ (photo-by-Igor-Mojzes/Fotolia)

3回お礼を言う

奢ってもらったらお礼を言うのは一般常識と言っても過言ではありません。

“奢られ女子”は奢ってもらったら、男性に対して合計3回のお礼の言葉を言う傾向があります。

3回のタイミングというのは「奢られた直後」「別れた後のメール」「次のデートの時」。

直後はもちろんですが、メールではデートが楽しかったことと一緒にさりげなくお礼を加えましょう。

そして、次回デートの時は最初に「前回はありがとうございました!」と明るく笑顔で言う事を忘れずに。

この女性の対応を見て良い気分になる男性は多くいますし、自然と男性を立てる行動にも繋がっていきます。

少ない会計は女性が持つ

レストランや映画館など大きな出費を男性が出してくれるのであれば、他の小さな会計は女性がしましょう。

例えば、ちょっと立ち寄ったカフェでのお会計だったり、遠出した時のお土産代などです。

「食事代出していただいたので、このくらいは出させてください!」など、出したいというのを強調しましょう。

このような女性に対して、悪い印象を持つ男性というのはいないはずです。

「今日のデートのお礼です!」なんて言ってこのような流れを作ると良いかもしれませんね。

奢られることは実は努力が必要なこと(photo-by-gstockstudio/Fotolia)
奢られることは実は努力が必要なこと(photo-by-gstockstudio/Fotolia)

次回のデートを想像させる

男性は女性をデートに誘った時点から、楽しんでもらえるか不安になっている人が多いです。

そこで、奢られた時に「次回は私が払いますね」と、次回のデートを想像させる言葉をかけましょう。

そうすれば、今回のデートが失敗ではないことも伝えられますし、次回への期待も同時に与えることができるのです。

こんな風に言われて、嬉しくないという男性はまずいないでしょう。

デートを楽しもう、楽しませようとする

男性の考えてくれたデートプランを全力で楽しもうとしていたり、男性にも楽しんで貰おうとしてくれる女性は奢られやすいようです。

自分の考えたプランをこんなに楽しんでくれている、というだけで男性は嬉しくなってしまうもの。

さらに、自分のために楽しくなるように努力してくれる姿は、愛おしく感じるようです。

そんな女性に対して「奢りたい」と感じるのは、とても自然なことかもしれませんね。

基本中の基本「ありがとう」

奢ってもらったら当たり前ですが、必ず「ありがとう」とう感謝の言葉を伝えましょう。

奢られ慣れてしまうと、それが出来ないという女性が意外と多いです。

笑顔で「ありがとうございます!」なんて、可愛く言われたら男性は「奢ってよかった」と思ってくれるのです。

奢られて当たり前という考えでは、これができないことが多いので、注意しましょう。

上手に奢られる女性はモテる!(photo-by-deagreez/Fotolia).
上手に奢られる女性はモテる!(photo-by-deagreez/Fotolia).

いつも奢られている“奢られ女子”は、それ相応の努力をしています。

割り勘が多いなあ…という女性は“奢られ女子”の行動を参考にしてみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

LovePress が自動参照したサイトはこちら です。

著作権はリンク先の方々にございます。

By | 2018-02-01T19:46:05+00:00 2月 1st, 2018|出会い, 告白, 失恋, 恋愛, 結婚|0 Comments

Leave A Comment

CAPTCHA