あなたはどう思う?「女性の30歳」を問題提起した映像に、SNSで賛否両論。

Love Press
7つのステップでもう一度好きにさせる方法
強い心境をもつことで、運命は変更しられるはず」そう自信を持ち、年齢を気にすることがなくなった彼女たちの腕からは、年齢の印字は消えました。
SK-?が2017年5月に、日本をはじめ、世界11か国で行ったチェックによると、約4割の女性が「歳を経る事に不安がある」と返答しました。
それは私たちが見慣れた食品の消費期限のよう。
加えて、30歳を目前に控える20代は、60.5%が「充実した日々を送っている」と返答した一方で、71.3%が「現況になんとなく心もとないを抱えている」。
そのような「30歳」にスポットライトを当てて問題提起し、全世界で6600万回再生され、賛否両論となったこの動画をご存じでしょうか。
特にアジアではその性質は特に顕著で、約8割。
手首の「数字」は彼女たちの全ての日常でつきまとい、結婚相手となる男性をはじめ、他人からの目線を気にしながら生きる事を余儀なくされています。
それは、「誕生日」と「自分が30歳になる日」。
PR「もう〇〇歳だから、こんなキュート服着れないかも」「〇〇歳までに結婚してなきゃ」「〇〇歳にもなってこんな趣味、イタイかも」……そんな風に、自身を「年齢」で縛ってしまったこと、誰しも1度はあるのではないでしょうか。
日本・韓国・中国に生きる3人の女子が生まれてから30歳になるまでの物語。
貴女は如何に思う?「女性の30歳」を問題提起した映像に、SNSで賛否両論。
満喫はしているけども、なんとなく不安。
また、首都圏に住む10〜50代の女1400名に調査した結果を見ると、どの年代の節目が不安・心配に感じるか、という問いで多かったのは、全年代を通じて「30歳」。
実のところ、先ほどの調査の中でも「30代を迎える事への重圧や不安の原因」として、「SNSの投稿による情報」を挙げた日本人の20代女子は、実に58.3%もいました。
もしくは、自らの思い込み。
日本の女子は、SNSで友達が家族や恋人と映っている写真を見たあとに、自らひとりで映っている、手首の印字が写った写真を消してしまう……。
友達が結婚し、分娩し、母になっていく……そのようなSNSの投稿に焦りを覚えた経験がある方も、少なくないのではないでしょうか。
そして、20代女性が何歳までに結婚やりたいか……という問いに反対に、最も多かった返答は「30歳」でした。
20代、年を重ねるにつれて、そう考え始める方が多々ある、というチェック結果があります。
韓国の女性は街中で「時間は迫っている」「急がなきゃ」と、「結婚しなければいけない」と危機感を募らせる広告を見かけ、「私は誰の目を気にしているんだろう?」と思い悩む。
この物語の世の中には、生まれた事例から手首にある数字が記されています。
言われてはいないけど、そのような周囲の空気を感じたのかもしれません。
それは、誰かに直接言われた事があるのかもしれません。
この動画は、SK-?が制作した「期限なんてない」というタイトルのムービーです。
3人の女性たちはそれぞれ葛藤を持ち、悩んでいます。
けれど物語の終盤、彼女たちは、年齢を気にせず生涯を味わってでいた頃を思い出し、「何のために生き、どんな考えを伝えるかを 私たちは自ら自身で決められるはず。
世帯や世間から、30歳までに結婚しないと「売れ残り」とレッテルを貼られてしまう中国では、周りからの期待やプレッシャーを受け、「すべてがパーフェクトでないと、30歳になれないの?」と考える。

lovepressが自動参照したサイトはこちら

.

LovePressは人気記事を自動でピックアップします

Love Press
引き寄せの法則
2017-08-20T14:21:34+00:00