キスの種類と特徴・やり方!キスのテクニック19選

Love Press
復縁に大成功した女
相手の舌を吸うように包んでいきましょう。
口を開けてお互いの舌を出して、キスしていきます。
デフォルト左右に顔を振ってみたり、下先で唇を舐め合ったりしましょう。
キスをするスポットは、相手の唇でも、ほっぺでもおでこでも、どこでも構いません。
軽く行うキスもあれば、情熱的なディープキスまで幅広くありますが、いきなり上級レベルを目指すのではなく、身近なキスから徐々にステップ急上昇していきましょう。
ただ、初めてのお出かけキスだと力んで舌が硬くなってしまうこともあります。
4.プレッシャーキス4.重圧キス最もプレーンなキスといえば、重圧キスと言えるでしょう。
12.サーチングキス12.サーチングキスインサートキスで双方の舌を確かめたら、次は相手の歯茎を舌先でなぞっていきましょう。
相手の唇を舌先でなぞるキスで、リップを塗るように慎重に舌先を這わせましょう。
それぞれのキスの合間に行うものとして、覚えておきましょう。
その名のとおり気軽に可能なキスである事から、恋人同士だけでなく世帯や仲間などと交わす場合もあります。
匂いを嗅ぐ部分でキスすることから、スメルキスと名付けられています。
8.チョコキス・キャンディキス8.チョコキス・キャンディキス常識的のキスに飽きてきた方は、口の中にチョコやキャンディーなど甘い食べ物を入れながらキスすると、より気持ちが盛り上がりやすくなります。
日本だと、身内や友達とほっぺたにキスする事はほとんどないのですので、挨拶がわりに恋人と行うキスと捉えると良いでしょう。
ピストン運動のように、交互に入れ合うとリズミカルです。
ゆったりとソフトにキスをする事が着目点です。
13.オブラートキス13.オブラートキスインサートキスよりわずか強めに相手の舌を包むのが、オブラートキスです。
片方がバードキスをしている場合は、もう片方は受身になるようにし、相手のバードキスがおさまってから行うようにしましょう。
上の歯茎、舌の歯茎と丁寧になぞり、時には歯の裏側をなぞってみるのもオススメです。
インサートキスのように、交互に相手の舌を吸い、強弱をつけて行ってみてください。
相手が顎を引いたら、こちらは顎を上げ、相手が顎を上げたら、こちらは顎を引きます。
7.バインドキス7.バインドキス相手の下唇をあなたの唇で挟み、あなたの上唇は相手の唇で挟んだステータスにします。
唇を閉じた状況で、相手の唇へと重ねます。
いわゆる甘噛み程度の力に押さえて、左右の振り奥行きも小さめにしましょう。
そこで、軽いキスから順番にご解説していきたいと考えます。
双方の鼻をくっつけて見つめ合うだけでOK。
11.インサートキス11.インサートキスインサートキスは、唇を重ねた状態で双方の舌を入れ合うキスのことです。
ファーストキスでは、想いが高ぶりすぎて強く押しすぎたり、軽すぎたりする事もあるので、距離感とスピードを大事にしましょう。
9.お出かけキス9.お出かけキス唇を合わす以外のキスとして、舌を使ったピクニックキスもご紹介しておきましょう。
6.スウィングキス6.スウィングキススウィングキスは、相手の下唇を軽く噛んで、顔を左右に降るキスの事をいいます。
久々に会えた時の喜びや、相手からの贈り物の喜びの証として、行うと良いでしょう。
上唇と下唇を滑らすように重ねるのが特徴です。
お互いの口に移したり、唇で挟みながらキスしたりするなど、ゲーム感覚で行えるのも大きな特徴のひとつです。
10.ニプルキス10.ニプルキス舌を使ったキスとして、もうひとつご解説やりたいのがニプルキスです。
舌の柔らかさを楽しむキスなので、できるだけリラックスした状況で挑むようにしましょう。
唇がかるく触れる程度にするのがポイントです。
3.スメルキス3.スメルキススメルキスとは、鼻を使ったキスのことです。
しかし、彼からバードキスがきた場合は、同じように応えようとしてしまうと、反発が生じてキスの空気が台無しになってしまいます。
鼻がテカテカになっていたり、毛穴がきわだっていたりすると、スメルキスを楽しめなくなるので、日頃からきちんとケアしておくようにしましょう。
この時、相手の目を見て行うのが効果的です。
ディープキスのきっかけとして行いましょう。
ケーキを食べた後など、甘いものを食べたあとにすると、甘い香りが広がってより気分も盛り上がりやすくなります。
ひとくちにキスといっても、その種類は多様です。
5.スライドキス5.スライドキススライドキスは、唇をわずか開き、双方に上下に唇を移動させます。
2.バードキス2.バードキスライトキスよりちょっと情熱が加えられるのが、バードキスです。
相手の下先をペロリと舐めたり、上下左右にスウィングさせたりするのも良いでしょう。
1.ライトキス1.ライトキスキスの種類の中で、最も軽いタイプのキスがライトキスです。
鳥のように軽いキスを何度も繰り返すキスの事で、嬉しさを表すキスとして用いられる事が多くあります。
相手が舌を入れてきたときは自分の舌で包み、相手が舌を引っ込めたら次は自分の舌を相手の口へと入れましょう。
スウィングキスは片方からのアプローチですが、バインドキス双方の呼吸をミックスする必要があるので、より楽しめるキスと言えます。

lovepressが自動参照したサイトはこちら

lovepressはこちら

Love Press
30代&40代の婚活
2017-08-20T12:58:31+00:00