ブスボディだと思われちゃう!男性がショックを受けた女性の○○エピソード

Love Press
7つのステップでもう一度好きにさせる方法
自然光が入る部屋だと明確見えるんですよね。
現在はワキ毛問題でギクシャクしなくなりました(笑)」(30歳/メーカー)「彼女に『エキスパートにやってもらったほうがいいのでは』と勧めたところ、脱毛サロンを探して通うようになりました。
“段”ができるお腹、ぷよぷよすぎる二の腕、たくましすぎる太もも――男性を「おっ、おう……」とガッカリさせるパーツの代表格ですが、それ以上にショックが大きいのは「ムダ毛」です。
「いつもは夜にイチャイチャしていますが、気分を変えたくて朝にしてみたことがあります。
コトを終えた後『整えたほうがいいと思うよ?』とハッキリ伝えましたけど」(36歳/自営業)「Vラインがブツブツしていたり、赤くなっていたりしていた彼女。
他のところは白くて艶やかな肌なので、少々ガッカリしてしまったのを覚えています」(28歳/IT)「触るとジョリジョリ・ザラザラしているワキは、なんだか痛々しいです。
そこで今度は「男性がショックを受けた女性のワキとビキニライン」に関するエピソードをご解説します。
びしっと処理してくれているのはいいことですが、男としてはつるつるのワキに憧れているので(笑)」(27歳/アパレル)「彼女を誘ったら滅多に断られたので、訳を聞いたところ『今日ワキの処理してなくて気恥ずかしいから……』と言われました。
『今までは剃っていたけど、お風呂に入っている間に、毛抜きで処理するようになった』と話していました。
「必要ない毛が処理されたつるすべ肌」を見込みしている男性にとって、そのインパクトは破壊的。
もともとお泊まりの予定があったのだし、見られる可能性もあるのに、何故処理をせずにいられるのかショックでした」(30歳/メーカー)はみ毛、ブツブツ、黒ずみ……引いてしまうVラインって?続いて20〜30代の男性に、女性のVラインに引いてしまったエピソードについて、話を聞いてみました。
「『毎度処理するのが手間なら、脱毛サロンに通ってみたら? 誕生日贈り物にチケット贈ろうか?』と助言したんです。
すると夜には気づかなかったワキの黒ずみが目につくように。
自己処理だと肌が傷みやすいですが、プロにやってもらうとこんなに素晴らしいになるんだなぁと感動」(29歳/公務員)「カミソリで剃る頻度が高いと当然肌にいい影響はないですよね。
痛そうだし、ばい菌が入る確率もあるのでは? 現に肌も傷んでいるようでしたし」(29歳/公務員)「一番ショックなのは黒ずみでしょうか……。
初めての日に服を脱がせると、下着からVラインの毛が大量にはみ出ていて『えっ!?』と目を疑いました。
「昔付き合っていた子の話です。
ズボラワキ、痛々しいワキ……いずれも残念ワキ認定です!まずは20〜30代の男性に、女性のワキに引いてしまったエピソードについて、話を聞いてみました。
サロンだと肌にダメージを与えずに必要ない毛を処理してくれるので、皆プロに任せたほうがいいと考えますよ」(28歳/PR)。
アンダーヘアの処理はもちろんだと思っていたので、カルチャーショックで(笑)。
肌が黒ずんでいる=オバサンの心象が必然的にあるんですよね」(28歳/PR)男性からの評価も上々!「サロン脱毛女子」になろう一方、上記の男性たちに、ワキやビキニラインをサロンで脱毛している女子について、話を聞いてみました。
その後、喜んでサロン通いを始めた彼女。

lovepressが自動参照したサイトはこちら

口コミNo1 オリエンタルダイエットはこちら

.

LovePressは人気記事を自動でピックアップします

Love Press
運命の人と出会い愛される
2017-08-20T13:59:16+00:00