女子なら憧れる!ロマンチックな出会いのシーンが描かれた映画12選

Love Press
幸せ妊娠マニュアル
よく見てみたら、ミュージカルだし、私の大好物なジャンルでした。
ある保険法人の男(ジャック・レモン)の話しだけれども、出世を意識し上司に自らのアパートを貸し出すのだが、そこに色んな問題がふりかかる。
彼本人の反省も「アニー・ホール」に勝るとも劣らない波乱に満ちた一生なので、ちょっと背景も知っているとそして楽しめるかと思います舞台は、大都会ニューヨーク。
ウディ・アレンに限りなく近い男の一生を一人称で描く作品。
ニューヨーク行きのバスの中、失業中の新聞記者ピーターは富豪の令嬢エリー出会う事に。
監督はこの作品で、念願だったアカデミー賞監督賞を取得しました。
とはいってもとある木曜日の帰り道、目に入った砂を取ってくれた医者のアレックスと出会い、次第に惹かれてしまって……。
公開後は、アカデミー賞の最優秀作品賞を含む数々の賞を受賞しており、ウディ・アレン監督作の中で最も好評があるものの一つと言われています。
けれども実のところは、熱を上げていたのはリナだけで、ドンは新人女優のキャシーと恋に落ちてしまうのです。
それにも関わらず、愛を求めてしまうのが人間という影響なのだと教えられます。
他ににも、『グッドモーニング』など数々の名曲が楽しませてくれます。
年季の入った映画でも、ここまで残ってきたものにはそれだけの意味があるんだと考え、歴史ある名高いドコロも攻めていこうと考えました。
よくある男女の出逢いから破局までをユーモアを交えながら濃厚に魅せてくれるのが凄く良かった。
しかしそれが全くしつこくなく、あっさりと気の抜けた感じなので観ていてかなり心地よいのです。
とはいってもある時、想いを寄せていたエレベーターガールが、上司の愛人だったと知ってしまって……。
真っ先にダンスが尋常じゃない。
ハリウッドを代表する映画であり、いつまでも色褪せる事の無い名作ミュージカルです。
毎週木曜日の買い出しのついでに、近郊の小都市でのランチや映画鑑賞をエンジョイする平凡な主婦でした。
次々と展開するストーリー、ロマンチックな雰囲気の随所に散りばめられた、ユーモア溢れるエピソードが見事です。
第一回カンヌ国際映画祭グランプリ作品円満な家庭の奥さんが医者と不倫するありきたりな話なんですが・・結局天才デヴィッド・リーンさん見せ方が異なる点ます・・。
実のところ作は、ウディ・アレン監督によるロマンスコメディ。
悪く言えば、ウディ・アレンの自伝とも言えます。
5:都会に生きる男女の出会いと別れを、哀愁とユーモアふんだんに綴る【1977年】アニー・ホールririri511ウディ・アレン扮するアルビーシンガーの屁理屈がコミカルで何故か癖になる面白さ!ダイアン・キートン演じるアニー・ホールの衣装も凄く可愛いし全部的にハイセンス。
トーキー映画へとご時世が映る中、映画界の舞台裏をコメディ要素ふんだんに描いた作品。
ジーン・ケリー演じるドンが、土砂降りの雨の中で主題歌の『雨に唄えば』を歌って踊る場面は、映画史に残る名シーン。
許されない愛に惑う様子を、全編に渡って彩ったラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」も非常に有名です。
主人公が恋した女子は上司の浮気相手ですが、愛人らしくないはつらつとしたフランは笑顔も泣き顔も全て可憐です。
そして私の大好きなタップダンスが満載!心躍りますね。
愛と人の係りは幸せだけでなく、時を見て苦しみを伴うもの。
ローラは、企業員の妻で息子が一人。
dAnCe27DaNcEジーンケリー最高っす。
ドル箱の映画スター俳優のドンと大女優のリナ・ラモントは、大スター同士の男女ともてはやされていました。
3:ハリウッド史に残る名作ミュージカル映画【1952年】雨に唄えばtraumereiii懐古主義者ではないので、オールドものが良いと言う見方は毛頭ないのですが、これは素晴らしい作品でした。
時々、質問を観てる側に問いかけるようにカメラ目線でセリフを喋るシーンが枠にとらわれていなく、ウディ・アレンのセンスを感じる。
アルビーが描いた芝居のように、2人は元のように戻る事はできませんでした。
ten10102223傑作コメディだけと思える半面、その実社会派映画ともとらえられるところもある。
southpumpkinウディ・アレンの代表作とも言える映画。
年は40、離婚歴もあるうだつの上がらないコメディアン、アルビーは、仲間に誘われたテニスで、屈託なくユーモアがある美女アニーと出会う事に。
フランク・キャプラ監督、クローデット・コールベールら出演者を一躍名高いにしました。
座席を巡って大喧嘩を繰り広げ、第一フィーリングは最悪だった2人ですが、苦楽を共にするうちに惹かれ合っていきます。
もうダンスやってる人間としてはたまらないものがあります(*´∀`*)ノ悪役の女のセリフの吹き替えのシーンでは爆笑必要です!最後、本命の彼女を引き止めるジーンケリーの方法が、キザっぽくて、やりよるな!って感じでした(笑)この映画を観てから雨の日が楽しくなりました!雷は嫌ですけどwご時世はサイレント映画の全盛期。
出世の足掛かりのため、愛人との密会箇所として、重役にアパートの鍵を貸し出していたバクスター。
6:偶然の出会い、14時の交流から芽生える真実の愛【1995年】ビフォア・サンライズ恋人までの距離ririri511異国の地で偶然出会って惹かれる男女の話だけどもありきたりと違うのは会話を大事にしているところ。
現在作は、ビリー・ワイルダー監督の代表作とも言えるコメディ作品。
テレビでジーン・ケリーが雨の中を華麗に踊る映像を見てから見る気がかりになりました。
2:結婚しているの身でありながら、道ならぬ恋に惑った男女の出会いと別れ【1945年】逢びき(1945)Katsuhiko__Miyata『アラビアのロレンス』、『戦場にかける橋』、『ドクトル・ジバゴ』を観ていても案外この映画観ていない方多い気がする。
その上素晴らしい当時のトレンド!男性のキャスケットやトレンチコート、女性のツイードツーピースや髪型の小粋な事今風な事…。
根回しの甲斐あって、着々と出世街道に乗り意気揚々としていました。
4:出世だけを目指していたサラリーマンの悲哀と恋物語【1960年】アパートの鍵貸しますYU661959年ニューヨークを舞台に、いかにもアメリカンな仕草(ワインを手に持ちながらオーバーリアクションでボトボトワインがこぼれたり…)やジョークが飛び交うロマンスコメディでフッと我慢出来ずに吹出してしまう幼さを残した映画でした。
濡場とかケンカ別れで誤魔化してしまうようなラブロマンスとは相違、人を好きになって恋をして愛する事の真髄を教えてくれるようなすごいな作品でした!主人公達の移動手段が電車と徒歩なのも余計にロマンチックに感じてしまう(笑)イーサン・ホーク萌え〜!!____RiN____この映画がかなりいいって、仲間たちには何度となく聞かせてるのでもはや。
時がたつのもあっという間でした。
金かければいい映画が可能なってわけじゃないんです!!デヴィッド・リーン作品が好きな方必見です。
いや、その一方でダンサーってここまでアクロバットに踊れるのかと思うくらい、ものすごい事を歌いながらにこやかに踊ってしまわれるのです。
部長の秘書の流行は極上でした、真似やりたい。
チェックしてみたらドン役のジーン・ケリーとコズモ役のドナルド・オコナーはダンサーなんですね。
第34回アカデミー賞において、主要5部門を受賞する快挙を成し遂げ、古典的恋愛映画の傑作との呼び声が高い作品。
同頃合に公開されたウディ・アレン監督作品「マンハッタン」も同時に鑑賞しましたが、個人的には「マンハッタン」に軍配(というよりも「マンハッタン」かっこよすぎた)。
現在だったらCGかと思うのですが、これは違う。
何と10年もの間アイディアを温めていたそうで、ご時世の流れにマッチしてやっとこさ映像化に至ったとのこと。
現在作もかなり変わっていて、ウディ・アレンが直接観ている人に語りかけ同情を誘ったり、映画という垣根を越えようとする意欲が充分に感じられます。
デヴィット・リーン監督が、ノエル・アワードの戯曲『静物画』を映画化しました。
各々に家庭を持ちながらも、双方を想う2人の心境は正真。
ヒール役もお茶目で可愛らしく、話の展開も単純明快で気楽にミュージカルを満喫可能なようになっています。
意気投合して同居生活を始める2人でしたが、次第に双方のアラが目につくようになってしまうのです。
好きな時に自分の住宅なのに家屋にいれない、とか上司の女問題が自らの問題になったり…レモンからにじみ出る人の良さと役柄が上手くマッチしているところも見どころ。
映画館や公園でのデートシーンは、切り取られた静物画のようにデリケートに描かれます。

 

lovepressが自動参照したサイトはこちら

口コミNo1 オリエンタルダイエットはこちら

.

LovePressは人気記事を自動でピックアップします

Love Press
正しい出産後の過ごし方
2017-08-20T13:58:28+00:00