結婚は付き合って最初の3か月が勝負

Love Press
引き寄せの法則
未婚女子で結婚できない理由として、“結婚の盛り上がりの瞬間を失ってきた”という人も多いだろう。
同棲とか結婚とか、とかとか。
女子の事例は“結婚=幸せ”と思っているので、男のサプライズ演出や口説き文句によって、気持ちを盛り上げる事は可能な。
もちろんそのようなの数ヶ月付き合ってて初耳だった。
それは男のケース、“常にフリーでセックスやりたい放題!”になるから、ではない。
そのようなタイプは盛り上がるのに時が必要になる人も多いと思う。
だから仮に「結婚までまだ考えられない」と思っていても、その波には便乗すべきだ。
その頃には必ずに、男は盛り下がり、女子は盛り上がっているの図になっているから。
もし彼が誰にも言っていないんだけど、実は密かに米国に移住しようという計画があったとしたら、もう彼女は一緒に行くの図を描いている。
それは今決める話ではなく1年間の猶予がある話だから、とりあえずスタートしてしまおう。
(それも絶対あるだろうけど。
しかし!ここで用心しなければいけないのは、その妄想盛り上がり月間も“最初の3ヶ月限定”ということ。
)女子に彼氏ができると、なんか突然肌艶が良くなったり、周りの仲間にリリースして多少浮かれたり、スタイルの移り変わりが起きる。
男という生き物は、自分の機会でしか盛り上がれない。
一方で男の場合はというと、未来の妄想が始まる。
これは実は私の実話なんだけど、数ヶ月付き合って別れ話をしたとき、『一緒にアメリカ行こうと思ってたのに』と言われた。
だけど男は“結婚=責任”と思っているので、こっちのワッショイで盛り上げるのは非常に難しい。
だから特にそうした人には言いたい。
内での移り変わりだから、その盛り上がりは目には見えないんだけど、女が「ワ〜イ!彼氏できた〜」というような“点”として喜んでいるのに対比して、男は未来へ続く“線”としてかなりの妄想っぷりで盛り上がりをみせる。
男は“付き合うと結婚は別”と考えている人が少ないから、女子のように「この人とは結婚できるか?」という事は腹積もりず、その先の未来まで妄想は広がっていく。
結婚なんて1年先くらいである。
彼女が英語が話せないとか、外国に行きたいなんて一言も言ってない、とか係りない。
はじめの3ヶ月以内に、スタートラインを切り走り始めよう。

lovepressが自動参照したサイトはこちら

lovepressはこちら

Love Press
運命の人と出会い愛される
2017-08-20T13:04:05+00:00